News

新着情報
2020.08.08

あごの成長にはよく咬むことが大切です。


よくかまないで食べられる柔らかい食事や、よくかまずに飲み物と一緒に飲み込むような食べ方ばかりしていると、あごの骨の成長期に十分な発達が出来ず、あごが小さくなってしまいます。

その小さなあごに、大きな永久歯が生えるので十分なスペースが取れず、デコボコした歯並びになってしまうことが多くなります。

ではあごは、何歳ごろどのような成長をしていくのでしょうか。

生後6ヵ月ごろ、乳歯が生え始め、2歳半頃に乳歯が生えそろいます。

4〜5歳ごろ、あごが大きく発達し前歯に隙間ができて永久歯が生えてくるスペースが確保されます。

6歳ごろ、6歳臼歯が生え始めさらにあごは発達します。

9歳ごろ、奥歯手前の乳歯が生え変わり

12歳ごろ、最後の永久歯が生えそろい始め

14歳ごろに、永久歯の歯の根が完成し永久歯列が完成します。

そして、最後下あごの骨が手足と同じように身長が伸びていく成長期に大きくなっていくのです。

したがって、離乳食期を過ぎ少しずつ固さのあるものが食べられるようになったころから咬む力をつけていくことが大切になります。

歯科医院専用の咬む力をつけるためのガムも、年齢に応じておすすめしています。

おたずねください。

 

一覧に戻る