News

新着情報
2019.10.07

歯ブラシ練習のおすすめ 毛先が大切です。


お子さまに限らず、大人の方も歯ブラシの練習を受けていただいております。個人個人お口の状態が異なるため、専門的に歯ブラシの練習を受けていただくと、歯周病の予防や進行を遅らせることにつながり効果が上がります。

例えば、ブリッジの土台になっている歯のまわりなどはどうしても磨き残しが残ります。

また、前歯の被せものの歯のまわりは、力加減が難しい場合もあり、力が強すぎると歯茎を傷つけてしまう場合があります。

歯並びが入り組んで難しい方なども、磨き残しが残りやすいので詳しく歯ブラシの当て方を見ていただいています。

実は、歯ブラシの毛先がとても大切です。

歯ブラシの先端、真ん中、つけ根、とそれぞれ当て方を工夫していただくことにより、磨き残しを改善することができます。模型でご説明したり、磨き残しを染め出ししてご説明しています。

また、歯ブラシ練習と合わせて、専門的な歯石のクリーニングもおすすめしております。

一覧に戻る