News

新着情報
2021.01.17

奥歯の咬む力


奥歯は、どれくらい咬む力があるのでしょうか。

大人の場合、ほぼ体重と同じくらいの力があると言われています。体重50〜60キロの方の場合、50〜60キロということになります。

50〜60キロと言うとピンと来ないかと思いますが、ピーナッツや煎餅のような硬いものを咬む時に必要な力はおよそ12〜14キロと言われています。

また、歯ぎしりの時には体重の二倍の力がかかるとも言われています。

しかし、歯周病の進行などにより、歯の周りの組織が弱くなり歯を失っていきますと残っている歯で、失った歯の分の咬む力を補わなくてはなりません。

例えば三本分のブリッジの場合、両端の二本の歯で支えてあげないといけないということになります。

そして、咬む力の左右バランスも大切です。

例えば、片方だけ奥歯の数が少ないためにもう片方だけばかりで食事などを続けていると左右のバランスが崩れ、残っている歯に過剰な負担がかかり、せっかくの残っている歯も失うことになります。

かみ合わせのバランスを考えて、義歯や、インプラントの治療方法をご提案させて頂いてます。

ご自身の歯そのものを少しでも長持ちさせるように、また被せものになっている土台を少しでも長持ちさせるために、かみ合わせの確認や、歯周病のチェックはとても大切になってきます。

一覧に戻る